どこに行ってもその場で溶け込める人間になるには?

新しい職場や合コンなど、どんな人間がいるかわからない。またどんな雰囲気なのか、自分はそこに溶け込めるのか?不安になる人も居るかと思います。

でも、生きてるとそうも言ってられない。自分らしくない方法だとしても、その場で自分の居場所を作らなければ社会人として生きづらい。

背に腹はかえられぬ戦いがそこにあるわけです。全くオススメはしない生き方ですけど。

 

そんな時、あなたならどうしますか?

目立たないように周りの空気に合わせて、ひっそり息を殺して、ついでに自分も殺して、馴染んでるように見せる?

でも、それって正直キツイですよね。

逆に、自分で居場所を作っちゃったほうが全然楽です。その方法を伝授したいと思います。しつこいですが「オススメ」はしません。自己責任でどうぞ。

usJoVpFD

イメージを構築してその場を凌げ

 

外見は一切関係ないので、見た目がどうのこうのというのは無いです。

見た目のイメージは一瞬です。黒髪でストレートなら、清楚、マジメ、大人しい。茶髪で巻き毛なら、遊んでる、明るい、うるさい。そんなもんです。

男も一緒です。デブはだらしない、メガネは真面目で神経質、ロン毛はチャラい、歯を見せて笑うと爽やか。

何故一瞬なのかというと、その後どう振舞うか、何をしゃべるかで「あなた」のイメージが決まるからです。

もし、誰かが自己紹介で、「ひゃっほー、うれしーなっしー」

と言えば、「ああ、ふなっしーだったのか」って解りますよね?そんな感じ。

見た目とのギャップがあればあるほど、あなたのイメージはより個性的になります。

見た目地味なのにテンション高め。

チャライのに頭がいい。

老けてるのにシャイ。

こんな感じで、周り全体にイメージされれば、自分の席は確保できたも同然です。

 

doll-1792846_640

完璧じゃなくても完璧主義だと思われて凌げ

 

一番簡単なのは、その場で必要とされる人になること。

一番難しく思えるかもしれませんが、実は一番簡単です。何故なら会社員時代、ぼくがこの方法をずっとやってきたからです。

自分で言うのもなんですが、何も出来ないくせに何でも出来るふりをして今まで生きてます。

完璧でもないのに完璧主義に見られればいい。

ここで言う完璧主義とは、「ちゃんとした人」という意味です。

もう一度言いますが、ちゃんとして無くてもいいんです。ちゃんとした人に見られれば。

ここに罪悪感を感じてしまう、超マジメなあなたに。

「一般人は本当のあなたに興味はない」

「騙すんじゃなくて頑張ると思えばいい」

この記事の目的は、新しい職場や初対面の場所で、自分の居場所を作れる人になるのが目的です。自分らしく生きる方法ではありません。

例えば、

本当はだらしないのに、机の上だけはいつもキレイにしておく。

本当はひとりが好きなのに、お昼だけは自分から誰かを誘う。

本当は自信が無いのに、仕事は進んで自分からやる。

新しい職場なら、これだけでもイメージは「ちゃんとした人」になります。

合コンでも、自分から失敗談を言う、相手を誉める、同姓も誉める。

これだけで「明るくて面白い人」になります。

何をしてるかというと「主体的にちょっとだけがんばる」のです。

4e1e7dcc1ec47e4b980175918f01579e_s

頑張るのは最初だけでいいから凌げ

 

ある程度イメージが付けば、後は好きにやってOK

その後で、机が少しくらい散らかってても、(こんな時もあるんだ~かわいい)

ひとりで食べたいなら「今日は仕事の考え事があるから」と言えば(わ、デキル人は違うわ)

仕事する人イメージが固まれば、サボっても(たまにはそんな日もあるよね)

本来の自分を出していっても、周りがいい方に取ってくれるようになります。

逆に仕事しないイメージが固まれば、いい仕事しても「今日はたまたまだろと」になってしまうのです。

最初にも言いましたが、会社で付き合い程度の人間関係なら、「本来のあなた」なんて興味無いんです、みんな。

「この場所であなたがどんな人なのか」が大事なんです。

 

そんなのホントの自分じゃない!

自分らしい自分で生きて行きたい!

 

とか、そんなわがままなあなたは右脳派Lifestyle向き。独立起業を目指してみましょう。

是非一度ご相談を。

img_2900


LINE@配信中
レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!
友だち追加数

絶対オススメしない、社会人としてその場を凌ぐ処世術

Tagged on:             

コメントを残す