girl-at-computer-1382934_640

最強の必殺技は「人に聞く」

ここ数年で、ほとんどの問題は「調べる」という行為で解決出来るようになりました。

そう、「必殺ググる」です。

今や検索力さえあれば、素人が盲腸の手術をする事くらいは可能だと思います。

やったら捕まりますけど。

 

ところが、

調べるにしても検索力が無ければ、ある人は一生解決しないのに、ある人は数秒で解決する。

そんな「検索力格差」が生まれて、もはやキーワードを出せるか、出せないかがその人の人生を左右する。

イマジネーション至上主義時代はマジで来るでしょう。

しかし、それこそ子供でもおじいちゃんでも、ビンボーでも金持ちでも、男でも女でもそれ以外でも、おバカさんでも天才でも。

誰でも使える最強の必殺技が「人に聞く」です。

 

「ごめん、ちょっといいかな?

これわかんないんだけど、教えて?」

 

この2行のセリフさえ覚えれば、あなたはもはや敵無し。

おたまじゃくしを、おたじゃまくしと言う4歳児でも出来る事です。

そしてこのセリフを、

 

目上の人バージョン

後輩バージョン

赤の他人バージョン

嫌いな人バージョン

親、兄弟バージョン

 

相手によって言い方を変えれば、マジで無敵なんですよ。

もちろん、「自分が欲しい答えを持ってそうな人に対して」ですけどね。

 

woman-1445917_640

聞きたいけど聞けない「壁」

人に聞くという行為は、どうやら「壁」が存在するらしいと風の噂でよく聞きます。

 

こんな事聞くのは恥ずかしい

相手の時間を奪うのが気がひける

嫌な顔されたらどうしよう?

こいつに聞いてもしょうがない

 

などなど。

色んな壁があるようです。

だから、最低限の礼儀とリスペクトと謙虚さは必要です。

それさえあれば、半分以上の確率で「快く教えてくれます」

マトモな人間は、誰かに頼られる事、必要とされる事に「幸福感」を感じるように出来てるからです。

(マトモな人間は半分しか居ない!と言ってるみたいになっちゃったけど、まぁいい)

 

なので、少なくとも2回に1回は「人に聞く」事で、あなたの問題は解決出来るんですね。

もちろん場合によっては「お金」が必要かもしれないし、

「ググれカス」と言われるような事もあるし、「望まない答え」が返ってくることもある。

しかし、聞く相手に対して礼儀とリスペクトと謙虚さがあれば、どんな対応されても問題無いハズ。

 

逆にそれが一切無いのに「あわよくば教えて貰おう」とか、

「一応聞くだけ聞いておくか」なんて考えてるとそれは間違いなく通じますからね、相手に。

 

は?知らねーよ。

ググれカスww

なんでタダで教えなきゃなんねーの?オマエに?

 

なーんて、言われてしまう可能性が49%もUPしますから(当社比)

知識量とスピードの違いが、モロに人生に影響を受ける時代です。

インターネットの普及から、情報は莫大な価値になり、スピードは正義になりました。

「インターネット検索」とは、欲しい答えを見つけ出す為の必殺技ですが、

「人に聞く」というのは、最短最速であなたの価値観も人生さえも変えてくれるかもしれない必殺技です。

 

百聞は一見にしかずと言いますが、今の時代は逆です。

ネットで見てわからないものを人に聞くんですよ。

 

deep-web-1292336_640

欲しい答え【しか】手に入らない罠

ネットで欲しい答えばかり集めるとどうなると思います?

 

例えば、「お金を稼ぎたい!」

なんて調べだすと、

 

転売やりなさい。

情報発信しなさい。

投資しなさい。

お金の勉強しなさい。

メルマガ書きなさい。

成功マインドが先です。

行動が先です。

まず儲けようとしない事です。

もっと稼ぐ事を意識しなさい。

 

なんて情報がゴロゴロ出てきますが、これ、全部正しい答えですから。

 

頭の中が「矛盾だらけ」になります(笑)

そして、何故そうなる(矛盾だらけになる)のかがわからない。

その答えはネットで見つける事は無理。

 

でも、人に聞けば答えてくれる。

 

何故なら人は、あなたがわからないであろう事を想像して答えてくれるから。

「女の子にモテたいんですけど、どんなモテ仕草とモテマインドが必要ですか?」

「その前に、あなたは清潔な身なりと笑顔の練習が必要だよ」

なんて、ネットは答えてくれないでしょ?

Siriならそのうち言ってくれるかもしれませんがw

 

便利な世の中というのは、ある意味「人の手を煩わせなくて済む」という事にも繋がります。

人に迷惑を掛けちゃいけないと教育され、自分ひとりで答えを見つけ出すことを「良し」としてきたぼくらは、

ネットで検索できることに喜びと安心を感じます。

 

が、

 

ぼくは人とコミニケーション有りきの、情報をシェアしてお互い成長していける世の中が好きかなー

今日から「人に聞いても良い」と、自分に許可を出して日常を過ごしてみる。

目から鱗な解決策が見つかるかもしれませんよ。

 

 

より深い右脳派ワールドが欲しい方へ!

LINE@限定コラム配信中

ここから友達登録してね

友だち追加数

 

 

 

「素直に人に聞く」というエレガントな必殺技

Tagged on:         

コメントを残す