親の背を見て子は育つと言います。

もし、あなたの子供がとても素直で、あなたのことを尊敬し、あなたと全く同じ人生を送りたいと言ってきたら。

あなたは全力で応援する?

それとも全力で阻止する?

どんな大人になって欲しいと願ったところで、子供は親の生き方に必ず影響される。

ならば、あなたは今、自分の子供に望むような人生を送れてるだろうか?

 

shutterstock_126133112

何故子供は親に似てくるのか

子供は想像以上に親に似てきます。

子供を持ってる方は分かると思いますが、仕草や、言葉遣いや、表情、クセ、寝相など一瞬ゾッとするくらい似てくることがあります。

僕の周りを見てみると子供の教育や躾って二種類あって、

自分と同じように育って欲しくて、自分が受けてきた教育を真似て子供をそだてる人。

逆に、自分のようにはなって欲しくないから、真逆の方法を取って子供を育てる人。

前者は自分の育ってきた環境、つまり親に感謝してます(反面教師も含め)

後者は逆に不満を持ってることが多い。

人を育てるということにおいて、自分の生き方が好きかどうか、

自分のような人間を増やしたいと思うかどうかは、とても重要なことです。

 

自分の生き方が好きな人、ここでいうと前者の人は自分のコピーをいっぱい作りたい人。

この人は、「やってもいい事」をたくさん教えます。

自分が考えてきた事や、してきた事が今の自分を作ってる訳で、そこに自信があるから、

これしてもいいよ、こんな考え方でもいいんだよと、許可の教育が多くなるんです。

許可が多いと、子供は明るく元気になります。

自由が増える感覚で育つからです。

結果、自分の生き方が好きになり、見事に親に似た子供が出来上がりです。

 

shutterstock_39087388

自分が選んできた事が今の自分を作ってる。だからそれはやっちゃダメ!

では、後者は?

育った環境を否定、もしくは自分に自信が無い人。

自分のような人間を作りたくない人です。

この人は、「やっちゃダメ」な事、「やらなきゃいけない事」をたくさん教えます。

自分が育った環境が不十分だと思ってるので、子供にはそれを補ってあげたい。

制限と命令の教育が多くなるんです

制限され、命令されることで自由に発言や行動を取れない。

萎縮と不満を抱えるようになり、自分に自信が持てず自分のことが嫌いになる。

これもまた、見事に親に似た子供が出来上がる。

 

animal-children-photography-elena-shumilova-2-39_r

自分嫌いは、自分好きに変われるの?

不思議な事に、後者は前者を否定し、前者は後者も受け入れます。

不自由な自分は自由な人を妬み、自由な人は不自由な人を「それも自由だ」と認識するからです。

 

さて、

だんだん話がカオスになってきましたが。

僕は今は前者です。しかし、以前は後者でした。

子供の頃不満だらけで育ちました。

親の教育方針に反抗し、自分の性格も嫌いで、環境も満たされてないと思ってました。

だから大人になったら自由を求めて好き勝手生きてやろうと。

結婚にも興味がなく、子供を作る気も育てるもありませんでした。

だってぼくが教育したら、間違いなくぼくみたいな子供に育つだろうと思ってたから。

それはマズイだろと(笑)

 

でも今は3歳の娘がいて、彼女は自由奔放に育ってます。

自分で言うのも何ですが、前者の育て方をしてます。

何故そうなったたかというと、結婚したパートナーが前者だったから。

僕は結婚して彼女に教育されました。許可の教育です。

初めはその自由奔放さと、自分の両親への信頼にイラっとしました。

でも、彼女はそんな僕を受け入れた。

それがわかった時に「やっちゃダメ教育」から解放された感じがして、それからは自分を好きになる生き方が出来るようになりました。

例え今、自分が後者だったとしても変われるという事です。

変わるには前者の様な人間を見つけ、その人から学ぶことです。

直接じゃなくても、本でも、ネットでもいい。

自分の事が好きで、自信があって、自分の生き方を推奨してる人を探し、その人から学べば必ず自分のことも好きになれます。

 

人間、年齢を重ねていくと、仕事でもプライベートでも人に何かを教えるということが増えてきます。

何かを教えるということは、その人の人生に関わるということです。

自分の子供でも、自立した大人でも。その責任は重大です。

つまり、今のあなたの生き方が重要なのです。


 

今からでも変わりたいと思う人の力になれればいいなと思って、今の仕事をやってます。

あなたも変わるきっかけを掴んでみませんか?

※ビジネス以外の相談も遠慮なくどうぞ。

2805-350

親からの許可教育と制限教育から学ぶたった一つのこと

Tagged on:             

コメントを残す