no

私、人に嫌われたくないんです。

と言う人に限って、めっちゃ誰かを嫌ってるという人も多いんですが、

別にそれを否定するつもりはありません。

ただ、目の前に嫌いな人間が居るというのは、ストレス以外の何モノでもない訳で。

ちんからホイ!っと、消せればいいんですがそうもいかない。

自分がそいつの前から消えるという方法が一番早いんですが、

それもムカつくという場合。

ぼくはこんな感じで「嫌いな人間と上手く付き合う方法」を取ってきました。

ちなみに、誰にも嫌われたくないって人って多いみたいで、

コチラの記事がよく読まれてます。

嫌われてるかも・・・こんな怖い思いをしない逆転の克服法

 

gangsta-810777_640

「MASATOさん!俺、あの人とだけは仕事したくないんですけど!」

以前勤めてた会社での事。

自分は仕事が出来ると思い込んでるアルバイト君が、ぼくに直談判にやって来ました。

その会社は、ふたり一組でやる仕事でしたので、どうやらその相方に文句があるようです。

そして、ぼくの仕事は「相方を決める」のが仕事。

 

「うーん。まあ、今回はもう決まっちゃったしね。で、何でそんなに嫌なの?」

 

と、一応理由なんぞを聞いたりしますが、実は充分理解してました。

ぼくも、大嫌いな先輩だったので。

簡単に言うと、その先輩は

自分のやり方を曲げず、相手の出来ない所を叩く人

まぁ、会社の中でもTOPクラスで嫌われてる人だった訳です。

なので、ぼくもそのアルバイト君に、

バイトのクセに生意気なんだよ!とはならず、

「うん、わかるよ」くらいの感じ。

 

hunger-413685_640

基本的に嫌いな人間というのは、自分でコントロール出来ない相手

言うことを聞かないとか、高圧的とか、認めてくれないとか。

こちらの欲求は飲んでくれないのに、

自分の欲求を通そうとしてくる人は、大体嫌われます。

ところがこの嫌われモンの先輩、

お客さんには意外とウケが良い。

人の気持ちを汲み取るのは苦手ですが、

相手(お客さん)にとって良いと思う事を躊躇無く言うんですね。

「お客さん!それ違う!それはこうしたほうがいいよ!」

お節介と親切の紙一重なところとかお構いなし。

(もちろん、不躾な態度に取られてしまう事もあるので、結構クレームも有りましたが笑)

だから、そこを感じ取れるハイスペックなお客さんには、

とても親切でいい人。という印象になるんです。

 

 

121226shy

 

嫌いなまま尊敬する場所を探す

こうした所は、学ぶべき所もありますよね。

「計算しない親切」とか。

「自分の信念がブレない」とか。

何故、ぼくがここに気が付いたのかと言うと、

直談判に来るアルバイト君を説得する材料が必要だったから。

 

「君が嫌がる理由はぼくも良くわかる。でもね、見習うべきキャリアは沢山ある筈。例えば彼はお客さんのウケが凄くいい。何故か説明出来る?君は仕事が出来るんだろう?なら、先輩から盗めるもんを盗んで、自分の成長に利用してやればいいじゃん。」

 

プライド高い系のバイト君には、これで対処してました。

他人のいい所を探してみるとか尊敬する所を探すのは、ある程度才能が必要です。

それは、「嫌いなまま尊敬する場所を探す」という離れ業が必要だから。

普通、嫌いな人は、何やっても嫌いでしょ?

そこ(感情)を無視して優性(分析)を見つける

別に嫌いな感情は殺さなくてもいい。

相手を尊敬出来れば人間関係のストレスは減ります。

しかも、なんとなく(尊敬してる事が)相手に伝わってしまうので、

嫌いな相手に好かれるという珍現象が起きます。

自分に好意を持ってくれる人を中々嫌いにはなれないもんです。

嫌いだろうと、年下だろうと、鈍臭い奴だろうと、使えない上司だろうと。

どんな人間でも尊敬出来る所を見つける才能を開花させれば、

身の回りの身近な人から、いや世の中から、

ストレスになるほど嫌いな人間は、居なくなるんじゃないでしょうか。

 

LINE@配信中
レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!
友だち追加数

 

苦手な人、嫌いな人と上手く付き合うための裏ワザ的発想

Tagged on:         

コメントを残す