せどりで10万稼いだら、それは次のビジネスを始める合図です。

逆に、せどりや他の転売ビジネスなどで10万も稼げてるのに、

次に進まないなんて、「ちゃんこ鍋のあとに雑炊を作らない」

くらい、もったいないことです。

 

「せどり」とは、

実店舗、またはネット上で、

「仕入れる」という実働作業に時間を掛け、

仕入れたモノが売れることで利益を出すモデルです。

言わば小売業です。

ph_tokyo0200

安く仕入れて、高く売る。

これは商売の基本であり、街で看板出してる「お店」は、

ほとんどがこのシステムで利益を出してます。

 

しかし、収入の質はサラリーマンと同じ

「労働の対価」です。

せどりは組織化して初めて「オーナーの権利収入」に変わりますが、

組織化とは、人を雇うということです。

世の中に雇用を増やし、

経済活動として世の中に貢献したい。

そんな真っ当な起業家を志すなら、ここを目指すべきでしょう。

 

真っ当じゃない僕が会社を辞めた理由(笑)

それは単純に、

「自分の人生の時間を自由に使いたい」

これだけでした。

もっとわかりやすく言うと、

3歳の娘と遊ぶ時間を増やしたい。

子供と触れ合うのに一番大事な時期を、

自分の人生の中で逃したくない。

という、とても利己的で我侭で親バカな理由でした。

 

僕の優先順位は「時間」です。

0606026

だから、これを好き勝手使えることを目指してます。

時間の自由を求める人は、

お金の自由を求める人より断然多い。

最近色んな方と話してみて感じることです。

 

僕もせどりを始めたキッカケは、

お金がもっと欲しいという単純明解なものでしたが、

会社を辞めて気付いた事は、

本当は「時間」が欲しかったんだということです。

 

せどりというビジネスは労働、

つまり時間をお金に変えるビジネスです。

 

ならば、

もし本当に欲しいのは「時間の自由」だと気付いているなら、

せどりの先を見る必要があります。

せどりで10万稼ぐ事が出来たなら、

その経験を生かし、

「オーナーの権利収入」を目指さなくてはいけません。

ここでいうオーナーとは、

人を雇って会社にしてそのオーナーになる。

というものでありません。

 

さっき言ったように、

そこを目指したい人は目指すべきです。

しかし、僕の様な我侭なヤツ(笑)は、

一人でオーナーになる事を考えるべきでしょう。

つまり、自分を売り込むという発想です。

 

オーナーの世界へ簡単に進むには?

ふなっしーを営業で呼ぶには40万円掛かります。

183493277

ダウンタウンは360万くらいだそうです。(簡単には呼べませんが)

有名な話では、

投資家のウォーレンバフェット氏との食事をする権利は、

2億4千万でしたよね。

 

彼らは、自分が商品なんです。

つまりその人に価値がある。

自分に価値を作ることで、

自分が自分のオーナーになれるわけです。

単純な話、

「あなたに会うだけでお金が発生する」

そんな状態を作る事です。

 

実は、これは難しい事ではなく、

インターネットが普及した今だからこそ、

誰でも出来るビジネスです。

僕が、ライティングスキルを身に付ける事に価値があると断言してるのは、

「自分を売り込む為の最大の武器」

に成りうるからに他なりません。

 

ブログも、SNSも、投稿サイトも、

基本は文字の情報で成り立ってます。

つまり、読み手(あなたのファンになるかもしれない人)は、

あなたの書く文章しか価値を感じる事が出来ない。

 

逆に言うと、男でも女でも、若僧でも年寄りでも、

金持ちでもビンボーでも、イケメンでもブサメンでも、

全く関係なく売り込める。

それが、インターネットを使ってオーナーになるということ。

 

あなたの発信する言葉、文章、

そこから生まれる信頼、信用は価値になります。

自分にどうやって付加価値を付けていくか?

 

せどりで10万稼ぐ人間が、あなたの周りに何人居ますか?

 

せどりって何?そんな人の方が多いハズです。

 

それだけであなたには価値があります。

ならば、次は自分自身の価値を高めていくビジネスを始めるべきです。

時間の自由を求めるなら、

自分の24時間を自由にコントロール出来るビジネスを始める。

そこにこそ「せどり」というビジネスがキャリアになり、

本当に時間を自由に使える世界があります。

 

自分ワールドの構築に集中する

では、どういう世界をつくるべきなのか?

これはもう、

「強みを出せる世界」

です。

自分の強みを見つけ出して、

そこをとことん伸ばし、

人に読まれる文章で発信すること。

読まれる文章を書くには、

過去に書いたライティングの記事を参考にして貰えば、

そこそこは書けるようになります。

 

自分の強みを見つけること

それを伸ばすこと

読まれる文章を書けるようになること

 

この3つで、あなたの文章とあなたに、

価値を感じる人が必ず出てきます。

強みの見つけ方、伸ばし方は、

個人差や環境によって違います。

知りたい方は僕に会った時にでも

聞いてもらえればと思いますが、

あとはその強みを活かしたコンテンツに稼いで貰う事や、

あなたにお金を払ってでも会いたい人を集めれば、

ふなっしーくらいの価値を持つ事は難しくない。

 

ちなみに、ふなっしーの忙しさは尋常じゃ無いらしく、

年収で3億くらいと言われてますが、

日給40万として、どんだけ働いてんだ?っていう。

休みナイどころか、寝る時間もナイに等しいでしょうね。

自分の価値をもっと上げないと、

壊れるよ?ふなっしー(笑)

 

3271160i

 

僕はそれは嫌だし、3億も要らないです(今のところ)

プロダクションに頼らず、

1人でやれば、その辺も含め調整出来る。

だからからこそ、時間の自由が手に入るわけです。

 

お金の自由を求めると、ふなっしーになります(笑)

寝れない梨になってしまう。

寝れない梨ではなく、睡眠時間を作れる梨を目指す。

まあ梨じゃなくてもいいんですが。

自分の価値を上げるにはどうすればいいか?

これを常に考えることで、

未来の時間を自由にできるかどうか、が決まる。

これは間違いないです。

寝れない梨と、寝られる梨

Tagged on:             

コメントを残す