では、いよいよ苦痛、ストレス、不安の避け方の発表です。

 

その前に…

 

前回の記事をお読みでない方は、まだ読まないで下さい。

 

というのは冗談ですが、

 

予備知識が在るかないかで、文章から受け取る印象や、流れというのは変わります。

 

歴史を学んでお寺巡りをするのと、修学旅行で無理矢理連れて行かれるのでは、

受け取る印象は全く違いますよね?

 

 

そんな感じ(笑)

 

 

では、答え、いきます。

 

 

我侭に生きろ。

 

 

もう一度。

 

 

ワガママニイキロ。
大事なことなので二回言いました。

 

 

前回の記事の冒頭に、

 

「答えを言いますね」

 

と書いたのですが、忘れてる方もいるかと思いまして。

 

え?

 

僕は、大真面目です。

そもそも、苦痛もストレスも不安も、

 

全て、あなたの「我慢」が原因だということに気付いてますか?

 

苦痛から逃げ出すのを我慢して、嫌な環境に居るんでしょ?

学校も、職場も、家庭も。

 

言いたい事を我慢してるから、ストレスが溜まるんでしょ?

上司や部下、妻、夫に対しても。

 

 

「やれば出来るんだ俺は」

とか、自分に対して我慢してるから不安になるんです。

もっと勉強すれば、もっと仕事を頑張れば、もっと相手のコトを真剣に考えれば、

不安になる暇なんてないのに。

 

実は、不安の解消なんて一番簡単で、何かにのめり込んで真剣に生きてれば、不安なんて無くなるもんです。

 

これだけは、万人に言えることです。

 

 

さて、

 

我侭の理由がお分かりかと思います。

 

我慢しない生き方は、我侭に生きるしかない。

 

我侭に生きれば、苦痛もストレスも不安も全て、避けていくことが出来ます。

 

しかし、ここで多分、

 

 

世間
「そんな、みんなが我侭に生きたら、社会が成り立たんだろっ!ボケっ!」
と、お叱りを受けそうです(笑)

 

 


「そんな、苦痛やストレスや不安だらけの世の中がマトモな訳ないだろっ!ボケっ!」

これが、僕の意見です。

 

 

どっちでもいいんです。

 

というか、どうでもいいんです、あなたがどう生きようと。

 

僕の知ったごっちゃない。

 

僕は、単純に、

 

苦痛もストレスも不安も、生きていく上で不要とは言わないまでも、いつまでも縛られるモンじゃ無いと思ってます。

 

もちろんみんなそうでしょうが、結局今を変えることは、我侭になるしか無い。

 

そして、我侭は「悪」とでも勘違いしてるから、動けず縛られて生きているのではないでしょうか?

 

 

最後に、一応僕の我侭という概念について書いておこうと思います

 

近しい言葉に「自分勝手」

というのがありますが、

 

我侭と自分勝手は、

ハッキリ区別することです。

 

 

 

 

ワガママで可愛いキャバ嬢と、

img8230713507490

 

 

 

自分勝手に拳銃ぶっ放すオバチャンくらい違います。

20130309_361099

 

 

ハッキリ区別するべきです(笑)

 

 

 

そして、「我侭」は、「我儘」とも書きます。

 

しかし、僕は敢えて我侭という字を使っています。

 

我、人に尽くす。

と書いて我侭。

 

我、慢性になる。怠慢になる。

と書いて我慢です。

 

実は今ノリで思いつきました笑

 

 

我慢なんて、結局何も変わらない。

 

人に尽くすことが、自分らしく生きることだと思っています。

 

苦痛を感じるなら、そこから頑張って脱出することが、

あなたを心配して思ってくれる人に尽くすことになります。

 

相手の出方ばかり伺って自分を守るより、誤解を恐れず、

その人にとって良かれと思う意見をぶつけることは、

その人に尽くすということです。

 

我慢しないで、出来る自分を見つけてあげることで自信が付きます。

自信があれば、誰かの力になれる事に気が付く。

人に尽くすことが出来るのです。

 

我侭に生きるとは、どうしたいのかをハッキリ人に叫ぶ、

 

勇気が持てるか、どうか。だけです。

何度も言いますが、これは僕の生き方であり、

他人に強要するものでもありません。

 

しかし、誰かの苦痛やストレスや不安を取り除くキッカケになると確信しています。

 

 

 

 

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

1話完結にしようと思い書き始めましたが、途中から、

 

とりあえず言いたいこと全部言っておこうと、考えを変えました。

 

まとまりのない、言いたい事言ってるだけの記事です。

 

すいません、我侭なもので(笑)

 

※この記事はSTORY’S.JPで25423PV 106の「読んで良かった」が付きました。


 

実は、この記事は「教えます」と言ってるにもかかわらず、

最後は言いたい事だけ言ってると、開き直ってます。

 

世の中にある情報、文献、論文、全て言いたいことを言ってるだけ。

何かの答えらしきものは、全て筆者の答えです。

 

そこを踏まえて、「自分はどう答えを出すのか?」

に、考えをフォーカスして欲しいと思いこの記事を書きました。

人生における様々な問題、悩みは、

全て自分で答えを見つけなければ先に進めません。

 

しかし、見つかりにくい答えならば、

自分が共感した人の答えを「借りる」

これもひとつの答えです。

2805-350

もし、あなたの答えにぼくが必要なら、こちらを使ってみてください。

 

 

 

 

 

苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方教えます。後編

Tagged on:             

コメントを残す