「苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方だと?」

 

 

何とも、物々しいタイトルを付けてしまいました。

 

 

タイトルだけ見るとスピリチュアル系自己啓発みたいな感じで、カッコイイ。いやカッコイイか?

残念ながら僕は、

心理カウンセラーでも、

セラピストでも、

哲学者でもありません。

 

43年生きて来て、

苦痛、ストレス、不安について、自分なりに少し悩んで、

その都度「答えらしいもの」を探して生きて来た、

 

只の暇なオヤジです。

 

 

 

僕は、

苦痛から逃れようして不安になり、不安を殺そうとすることで、ストレスを感じ、ストレスによって苦痛を味わってました。

 

この負のスパイラルから抜け出せないでいました。

spiral

しかし、ある生き方に気付き、今はシンプルに生きています。

 

苦痛、ストレス、不安が絡み合い、複雑な心境で生きるより、

それらを紐解いてシンプルに生きられる方がよくないですか?

 

で、僕の答えを先に言いますね。

 

 

それは、

 

 

「我侭に生きろ」

ということです。

 

 

このシンプルな答えが、僕の苦痛、ストレス、不安を無くしてくれる訳です。

 

 

我侭に生きろって言われても、意味わかんないんだけど?

そうですよね。

僕も、そう思います(笑)

 

「我侭に生きること」

 

何故これが、苦痛と、ストレスと、不安を避ける答えになるのか。

これからゆっくりお話したいと思います。

 

非常にシンプルな話ですので、気楽に読んでいただければと思います。

 

ひとつ注意点が!

文章を書いていく中で、僕は、非常に断定的に意見を述べていきます。

それについて、当然反論や、反感を持つ人もいるでしょう。

 

しかし反論しなくても大丈夫です。

僕も解ってませんから。

 

1000人の悩みは、1000種類の解決法があり、誰ひとりとしてテンプレートで解決出来る事なんて、この世には存在しません。

 

だからかこそ、解決したいのならば、それこそ1000種類の解決法を知るべきなのです。

 

あなたの苦痛や、ストレスや、不安の悩みなんて、昨日今日始まった事では無いですよね?

 

ということは、自分ひとりじゃ解決出来ないって事です。

 

他人の力を借りるしか、方法が無いのです。

 

それは、本かもしれないし、出会いかもしれないし、こういった偶然読んだ駄文かもしれない。

 

そこで、どう感じるかが自己解決への手段なのです。

 

 

ほーら、偉そうでしょ?

まあ、ネガコメ防止の伏線だと思ってください。

 

前置きが超長くなってしまいました。

 

 

ではいよいよ本題に入ります。

 

始めに、

苦痛、ストレス、不安

について、考えてみましょう。

 

人は何故、苦痛を感じるのか?

 

この理由は簡単です。「生きる」為です。

 

生きる上で心や身体が、

 

「ヤバイよ!ヤバイよー!このまま続けたら死んじゃうよー!」

 

ba8abe4e2c2b1afa9f02cf0052cfced41aee74d71379666734

と、リアクション芸人並みに教えてくれる。

 

これが苦痛です。

 

生存本能ですよね。

 

苦痛を我慢し続けると、人は死にます。
身体的にはもちろんですが、

 

この場合精神的苦痛のことです。

 

例えば、

「自分を責める」であったり、

「いじめ」であったり。

 

逃れられない環境で、つまり家庭、学校、職場などで、今すぐ逃げたいと思っている状態です。

 

これが続くと、鬱になります。

そして、自殺などの精神崩壊に繋がる。

 

この辺は、大体ご理解頂けるかと思います。

 

 

 

 

次に、ストレス。

 

今や小学生がストレスで胃に穴が空く時代ですが、要するに、

 

望むものが手に入らない、実現できない事で起こる、葛藤です。

 

成績が上がらない。

思った様に売上が上がらない。

上司や部下と、上手く意思の疎通が出来ない。

子供が勉強しない。

夫がウザい。

妻がデブ。

 

など色々ありますが、思い通りにいかない苛立ち、とも言えますかね。

 

タバコやギャンブル、暴飲暴食などを、
ストレス発散だ!
とよく誤魔化されてますが、

アレは発散してるのでは無く、口実にストレスを使っているだけです。

 

ということが、最近の僕の研究(笑)で分かりました

 

分かりにくい?

詳しくはアドラー心理学を勉強して下さい。

 

 

 

最後は不安。

 

これは、未来への希望が無い状態です。

 

生きて行くということは、次に何が起こるか?

これを、予想しながら今を生きる事です。

 

初めての経験をする時、予想がつかないので人は不安になりますが、同時に期待も感じます。

それは、メリット、デメリットの予備知識があるからです。

 

何も前例が無けれは、恐らくそれを経験しようとは誰も思わないでしょう。

 

人生に対する不安は、自分の未来に対して何も情報が無い状態だからです。
例えばサラリーマンなら、定年まで今の仕事を続けられるか分からないという不安。

 

彼氏、彼女が将来離れてしまうかもしれないという不安。

 

初産のお母さんなら、子供をちゃんと育てられるかという不安。

 

 

自分に対しての情報は、ググっても何処にも載って無いので、不安になるわけです。

 

 

じゃあ、苦痛、ストレス、不安。

これらを無くす事は出来るでしょうか?

 

 

既に在るものを無かったことにする事は、自然の摂理に反するので無理です。

 

ならば、避けるしか無いというのが、僕の結論です。

 

目の前に迫り来る、苦痛も、ストレスも、不安も、

 

スルリと避けることが出来れは、今よりずっと、楽に生きられるハズですよね?

 

ポイントは、

逃げるのでは無く、避けるということ。

 

逃げるのではなく、

IMG_9235

 

 

 

 

 

 

避ける!

54739b15831780563a2c3da2a13da41ed8f04bd11383974853

 

逃げるのではなく、

fb9966e1f7b5519e40094277ec4ad877_400

 

 

 

 

避ける!!

c2f221b5
大事なことなので、2回言いました。

オマエ、画像使いたいだけだろ!などという意見は受け付けません。

 

逃げると避けるが似て異なるのは、意識の問題だからです。

 

逃げても、追いかけて来ますが、避ければ、奴等(苦痛、ストレス、不安)にUターンされない限り大丈夫です。

 

僕は今迄、奴等にUターンされたことは無いので多分大丈夫でしょう。

 

 

では、いよいよ避け方ですが…

 

 

すいません、

長くなってしまったので、二部に分ける事にしました(笑)

 

勿体ぶってるわけじゃありませんが、

 

そろそろ読み疲れたのではないかと思いまして。

 

だって、僕が書き疲れたから。

 

すいません。我侭で。
ということで、こちらへつづく

 

21safe_image

 

※この記事は STORYS.JPで「話題のストーリー」に選ばれ、35781PVと36の「読んでよかった」を獲得しました。

苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方教えます。前編

Tagged on:             

コメントを残す