秋葉原UDX駐車場[痛車SNAP]NO1002アキバドラッグ9

ブランド力を上手に使えない人達

ぼくは高学歴では無いし、学歴コンプレックスがある訳でも無いんだけども。

たまにクライアントが有名大学を卒業された方だとわかると、それだけで

「おーっ!マジっすか!」

ってなるんですよ。

何というか、ブランド力っていうのかな?

エルメスのバーキンや進撃のフェラーリ見ても何とも思わないんだけどね。

借金すりゃ手に入るというか、無茶すりゃ手に入るじゃん?

みたいな。

借金も無茶も出来ませんけども。

 

でも東大や京大とかって、頑張って何とかなるもんじゃないし。

環境や才能、そもそも勉強が好きとか、あと運の要素もあるから「選ばれた人」みたいな感じがするんですよ。

日本人特有の感覚かもしれないけどね。

 

別に特殊能力を持った凄い人って訳じゃないんだけど…

なんかスゲーな!みたいな。

 

それくらい「いわゆる高学歴出身の人」って、日本人から見るとブランド力が有ると思ってます。

もちろん、その「力」に頼って息巻いてるヤツらは低俗だと思うし、

逆にブランド力は落ちてるし、そいつらのせいで高学歴出身者のイメージダウンにも繋がってるんだと思うし。

ホント、いい迷惑だよ。

(もう1度言うが、ぼくは全く高学歴では無い)

 

15339978178_1e425e36df_c-e1464495328173

高学歴のジレンマ

ところが、

「自分が有名大学出身である事」を、マイナスとまではいかなくても、プラスだと思って無い人も居る。

彼らに共通するのは、

特に勉強を頑張った記憶もなく、受験したら現役で合格しちゃった人達

もうね、このしちゃった時点で「特殊能力」と言ってもいいんじゃねーか?と、思うんだけど(さっき言ってた事と違う)

本人はいたって普通なんですよ。

 

で、

 

ぼくから見ても、とてもその「ブランド力」を有効に活用してるとも思えない。

非常に勿体無いと個人的には思うのだけど、彼らにとっては「ジレンマ」なんじゃないかなと。

もし、彼らが子供の頃から勉強ばかりやらされ、

周りの友達が遊んでるのを横目に有名大学に入る事だけを目標にして、

なんなら二浪、三浪してやっと合格を勝ち取ったのなら。

 

そのブランド力を十分発揮して「目指した人生」を送れるのかもしれない。

「誰が」目指したのかは別としてもね。

 

でも、何となくそういう方が報われるというか、ある意味「幸せな人生」かも知れないじゃ無いですか。

医者や、弁護士、官僚なんかになれば、それなりに特権も得られるしね。

少なくとも親は喜ぶだろうし(笑)

 

3908346903_45579b747e

ファストパスを持って生まれた人生

でも、そうじゃなくて受けたら受かっちゃった人達は、

自分は別に特別じゃなく、ただ少しだけ人より勉強が好きで、勉強が出来ちゃった人だと思ってる。

彼らはもしかしたら「ガリ勉」と呼ばれ、自ら勉強好きをアピールする事も出来ず、

勉強以外に興味が湧かない自分を「変わり者」としてマイナスに感じてたかもしれない。

 

せっかくの才能を「活かす」というポジティブな発想に結びつかなかったとしても、不思議じゃないかなと。

もちろん、全員がそうとは限らないけどそういう人も居るんだよね。

自分の能力が高いことは客観的に理解してるけと、それが有効だと思えない「高学歴のジレンマ」に悩む人。

ある意味「才能が無い事」に悩む人※『ギターを弾く事に挫折した人は全員才能がある』参照

より「出来てしまう人」の悩みの方が深い。

 

ただ、ここに来てハッキリ言うけど。

確かに「変わり者」「少数派」「特殊」なんですよ。

苦労もせず有名大学にサラッと入れるなんて。

これは、単純に「数字的な希少性」としても、偏差値や合格率で証明されてる。

 

ならば、認めるしかないよね。

自分は特殊な人間なんだと。

持って生まれたものが才能だとしたら、それは誰もが羨む才能なんだと。

それを、どうやって「自分の為」「人の為」さらに「社会の為」に役立てるか?

を、本気で考えるべき。

 

有名大学出身と言うだけで、社会的信用度は高いという事実が日本にはある。

これは凄いことですよ。

もしそこに信念と理念と正義があれば、普通人の何倍もの早さで簡単に拡まる可能性が高いんだから。

ディズニーランドで言えば、初めからファストパスを持って生まれたようなもの。

どこに向かって、何を使って、人生を楽しみ、謳歌していくのか?

頭いいんだから、考えれば出てくる筈(笑)

出てこないならMASATOがお手伝いします。

 

「高学歴のジレンマ」は、「夢を叶えるファストパス」に変化するんだ。

 

いいなぁ。

 

 

 

 

高学歴のジレンマはディズニーのファストパスに変化する話

Tagged on:         

コメントを残す