「あのね、普通の人はそんなことしないんだよ?」

「あのさ、常識で考えればわかるでしょ?」

 

僕は、幼少の頃から散々こんなこと言われて育ったので、常に「普通と常識」に悩まされて生きてきました。

 

70fce504

「常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションである」

これは、アインシュタインの言葉です。

自分の中の普通という感覚は、いったいどれくらい普通だと思います?

世の中の大多数の人が選ぶであろう答えを、自分は心得ている。だから自分は普通だ。

世の中の常識は自分の考える常識とほぼ変わらない。だから自分は常識のある人間だ。

こんな感じではないですか?

「大多数=普通=常識」

これは、僕が考える世の中の普通の人が認知しているであろう、普通や常識の概念です。

 

一方、僕の普通や常識は、

「僕が行動するための基準」

です。

 

どういうことかと言えば、

普通はみんなこうするよな?だから違うことしよう。

 

とか、

 

普通に考えりゃ、そんなのムリだと思うよな。

だから、やれば結果に繋がるかも。

 

みたいに、

僕が行動を起こす判断材料として、

無意識に使っているのが、普通や常識だったりするわけです。

 

しかし他人をバカにする人って、自分の中の常識、普通を絶対の正義としています。

彼らの思考は、

あいつ、バカだなー

常識的に考えりゃそーなる事わかるだろww

普通そんな事しないよね?アタマ悪っwww

つまり、

「自分=常識」

自分の常識の範囲外の他人の言動は、

非常識で間違いだ。

です。

 

こんな偉そうに言ってますが、これも僕の中の常識の範囲でしかないので、

言わば僕だけの勝手な意見です。

こういう言い方をすると、自分の発する意見に対し無責任な態度に聞こえるかもしれません。

しかし、そんな事は無くて僕の中の常識や普通はしっかりありますし、

しかもかなり自信が有ります(笑)

と同時に、それは僕の中だけで成立されている概念だという事もわかってます。

 

 

GREEN_FU20140125500

他人とのケンカや口論になるキッカケは、それぞれの常識の違いです

 

例えば、

「この業界の常識じゃ、君の企画は通らないよ。やめた方がいいよ。」

然り。

「隣の奥さん、あんな時間に洗濯始めるのよ!非常識よね!」

然り。

そもそも意見の食い違いが起こらない為の常識や普通のはずなのに。

面白いですよね。

 

じゃあ、普通や常識って何なんだ?

初めて考えたのは14歳位の時だったと思います。

しかし、これの答えは、

その人の育った環境、習慣、文化、宗教、国、民族性、価値観…

様々な要素が在り過ぎて統計をとるのも意味が無い。

普通や常識を語る事が、如何にカオスかわかるわけです。

 

で、

 

当時の僕は、

「常識なんて、人それぞれで違う。だから、僕は僕の常識で生きていけばいいはずだ」

という結論に至り、

「これをどう説明すれば周りは納得するんだろう?」

と、説得術を学ぶ事に、真剣に悩んだ時期がありました。

いちいち理屈っぽいのは、多分この頃からだと思います(笑)

 

こんなに悩んだ理由はひとつ。

自分が選んだ好みや考え方、目指す生き方を、周りからとことん否定されたからです。

多分、中二病ってヤツだったんでしょうけど。

普通と常識」を巡って、

親、兄弟、親戚、と言い合いになり、不思議ちゃん扱いされた淡い記憶が蘇ります。

その頃から僕は、世の中の普通や常識は、

超個人的な自分の正義を正当化する為の、無意識レベルの判断基準のことなんだ。

と、決めつけて生きて来ました。

自分は自分。他人は他人。

だから、自分の考える普通を基準に生きて、

自分勝手に、普通じゃない人生(他人の普通じゃない人生)を生きるんだ!と。

 

3d18c2950d0b4a06159167c9b23d20e1

しかし、大きな勘違いをしていた事に最近気付きました

アインシュタインは、「常識は18歳までの偏見のコレクションだ」

と言いましたが、僕はまさにそのまま生きてきました。

そう、常識とは偏見なのです。

つまり、普通じゃない行動や考え方をしようとしても、

元の自分の普通や常識を変えないと変わらないんじゃないか?

自分の中の「普通や常識」をぶっ壊していかないと、結局それに縛られて生きることになるのでは?

って事に気が付いた。

所謂ブレイクスルーなんてものは、自分の普通や常識がぶっ壊れた事を言うのであって、

何回常識を壊せるか?が人生面白くするカギだったりします。

そして、

自分の普通や常識は自分じゃ壊せない。ってことを知っておくのも重要です。

 

遥か彼方の雲の上の存在の人と、一言二言でも喋ること。

どう考えても自分とは合わない、ツマラナイと思う人と真剣に話をすること。

類は友を呼ぶに甘えないで、自分の普通や常識を壊せる人と、出会い、関わりを持つ。

成功者と仲良くすれば自分も成功出来るとか、アホみたいな話ではなくて、

 

お金をいっぱい稼いでる人と話をする事は、お金に対する常識や普通が変わります。

仕事に情熱を持った人と話をする事は、仕事に対する考え方の常識や普通が変わる。

縁を大事にし、良い仲間に囲まれている人と話をする事は、人との付き合い方の常識や普通が変わる。

 

そうやって、誰かに自分の普通や常識を壊して貰えるから、判断基準が変わり行動が変わる。

そして、結果が変わるんですよね。

でも、やっぱり今度はこれが普通や常識になるから、それを選んで生きていく。

人はみんな、普通と常識とアイデンティティに縛られて生きている。

ただ、ひとつでも多くの普通と常識を知ることが、自分の世界を広げ、多くの人を理解でき、面白い人生に変えていけるとぼくは信じています。

 

LINE@配信中
レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!
友だち追加数

常識と非常識を分ける基準を変えれば勝手に人生も変わる

Tagged on:         

コメントを残す