lgf01a201304270100

迷い無く自分には出来る

根拠のない自信がある人間は、子供の頃両親に大切に育てられた人間。

「自己肯定の強い大人に育つから」という話が有ります。

何故か、自己肯定が良しとされる世の中では有りますが、そもそも自己肯定とは何でしょう?

 

林修さんが言ってた言葉が一番しっくり来たので使わせて貰うと。

自己肯定とは、自分には出来ると、迷い無く思えるという事です。

この、「迷い無く」というのがポイントで、自己暗示とか誰かに言わされるのでは無く、自分は出来る人間なんだと理解している事です。

迷いが無い状態というのは、疑う余地が無いということ。

 

出来ないかも知れない。

失敗したらどうしよう?

 

が、無い。

もちろん結果として出来なかった、失敗した、は有ります。

ただ何か始める時に、100%自分には出来ると信じてあげられるかどうかだと思うんですよね。

 

 

140205_high

根拠の無い自信が有るヤツって基本的にバカ

わかんないけど自信はある。

こういう勘違いが出来る人間は、ぼくを含め周りにもたくさん居ますが、みんな基本的にバカです。

やってもいないのに出来るって思います普通?常識人から見ればイタイ奴ですよ。

 

だからこそ普通の人は躊躇するし、失敗を恐れて周りの目が気になる。

やたら自信がある人間は嫌われるし、失敗したらカッコ悪いから。

 

しかし根拠の無い自信がなければ、いつまでも自分の望む人生なんて手に入りません。

何故なら、出来そうなことしか選択しないから。

こうなりたい、ああなりたいの中に、自信が無いからやらない事が増えてくる。

 

逆に自己肯定さえ出来れば「失敗したらどうしよう?」も、「出来なかったらどうしよう?」も無い。

臆さず、自信に満ち溢れた状態で、自分の人生を切り開いていける人になれます。

 

じゃあ子供の頃、あなたはどんな育てられ方をしましたか?

でもどっちでもいいんですよ、そんなの。

だって、もう大人になったんだから。自分が育った環境なんて今更変えられないですから。

 

adult-1807515_640

根拠の無い自信なんて無かった

ぼくはどちらかといえば根拠のない自信があるタイプで、自己肯定の塊だと思ってます。

ぼくの発信を読んで、中には「わがままな自信過剰男」と思う人も居るかも知れません。

しかし、根拠のない自信を持てるようになったのにはちゃんと理由があります。

 

子供の頃のぼくはどうだったかというと、両親に大切に育てられたと思ってます。今はね。

数年前まではどう思ってたかというと、大切に育てられたどころか、

世の中から消えて欲しいモノの第1位が「両親」でした。

 

父親は昭和の会社人間で、学歴、世間体至上主義。ぼくのテストの答案を片手に、晩御飯を食べながら説教されました。

90点取ればは10点足らなない事をたしなめられ、100点取っても「他に何人いたのか?」を確かめるような人。

学校で毎回答案を返して貰う事が憂鬱で、父の帰宅時間は恐怖へのカウントダウンでした。

おかげで晩御飯が家族の団らんの時間だったなんて思い出は1ミリも無いです。

 

母は父のイエスウーマンで、時折助け舟を出してくれるものの、戦艦ヤマトにゴムボートで水鉄砲を食らわせる程度。

世間体を気にする父親を気にして、母もぼくのやる事には全て否定的でした。

着たい服も、やりたい髪型も、友達と遊ぶ事も反抗して全てやりましたが。

必ず「やめなさいみっともない、お父さんがなんていうか…」が、付いてまわりました。

そんな、ごく普通の家庭に育った訳ですから、大切に育てられたなんて思いようがなかった訳です。

 

ぼくは自分の正当性を両親に認めさせる為に、何か始めるとそれを突き詰める性格になりました。凝り性ってヤツです。

自分の中で完璧に近付ける作業や、リサーチ、インプットは、全く苦ではなく、自分の方が正しいと言える自信に結び付ける為の根拠。

そして、やるからにはみんなに認められたい。ぼくの行動の源泉は、全て「自己顕示欲」でした。

 

今は、父の教育方針もぼくの将来の事を考えてのことだったり、母親も戦艦ヤマトから守ろうとしてくれた訳で。

やはり大切に育ててくれたんだなと心から思ってます。

何せ今は自己肯定しか無い生き方してますから。

 

この発信もそうですが、ぼくは自分の書く事に100%自信があります。読み手の心に必ず響くと。

それは、誰よりも「文章の上手い先人達のメルマガ」を隅々まで読んでる(書き方を学ぶ為)し、

ネット、リアル、TV、映画、本、嫁の話、子供の行動、あらゆる情報を自分の発信に活かす為に毎日過ごしてるから。

自信に繋がるには、やはり根拠が必要なんです。

こんな生き方を選んで来たので、これからも自分が選んだ事は何をやっても上手くいく。そういう根拠の無い自信に繋がった訳です。

 

Portrait of Beautiful Woman ready to start workout.

根拠のない自信を持ってる人間は、そこに至る根拠が有る

だから、両親に大切に育てられたと実感出来る人間も、そうじゃなかった人も、根拠のない自信のなんて作れるんですよ。

自分は出来る人間だと思い込む事は、それを裏付ける行動量や情熱が必要ですが全然難しい事じゃ無い。

 

何かひとつでも「これだけは自信がある」というものがあれば、それと同じだけの行動量と情熱があれば可能なんです。

そうやって自己肯定出来る人になれば、この先どんな人生が待ってても無敵です。

 

圧倒的にぼくみたいな人間の方が多い訳ですから、根拠のない自信なんて今からでも作れる訳です。

何でもいい。何かひとつ自信を持ってやれるまで徹底的に勉強するとか、練習するとか、大好きになるとかすればいい。

 

それを日常的にこなしていけば、勝手に自信なんて付いてきます。

中途半端がダメとか、今更やっても遅いとか、どうせ自分には無理とか。

そんなものは、親や世間に刷り込まれた洗脳なんで。

 

好奇心を思うがまま自由に。足らない事より出した結果を見て。重大な決断を自分で下す。

そうやって、自分で自分を教育し直せばいいじゃないですか。

自分の生き方を好きに決められるのは、ちゃんと根拠のある「根拠の無い自信を持った自分です。

 

 

とは言え、それが簡単に出来れば苦労は無いというのも事実です。

根拠のない自信を持てる「あなたの根拠」を一緒につくりませんか?

img_2900

MASATO個人セッションの詳細はコチラ


 

LINE@配信中
レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!
友だち追加数

意外と誰でも出来る「根拠のない自信」の付け方

Tagged on:             

コメントを残す