minnahitomisiri

「人見知り」って、あまりポジティブなイメージでは無いですよね。

人嫌い、消極的、冷たい、協調性が無い、暗い、コミュ障…

まあ見事にネガティブな言葉が、つらつらと出てきちゃいます。

よくあるのが、コンパやパーティー会場で、

「初めまして。◯◯ですよろしくお願いします」

と、初対面の挨拶が終わったあと、まるで会話を拒んでるかのように固く口を閉じてしまう。

例えその相手が、

性格めっちゃ明るい系の基本誰でもウェルカムスタイルさん

だったとしても・・・

 

「初めまして!仕事何やってるの?私、アパレル系の店員なんだけど、あなたは?」

「…一般事務です」

「へぇー、やっぱり嫌な上司とか、セクハラオヤジとか居るの?」

「ええ、まあ…」

 

こんな会話になってしまいました。

で、相手の心の中はこんな感じかも?

(え、嫌われてんの?私?何か変なこと言った?なんでこんな気まずい空気流してんのコイツ?もしかして…いい年して人見知りか?!)

 

いい年して人見知り

この、人格否定されてしまうほど可哀想な扱いの、「人見知り」さん。

これは悩みが深いんではないだろうか。

人見知りで悩んでる方は多いのではないか。

何故その人は人見知りになってしまったのか?

 

これは、ちょっと深く掘り下げると面白いかもしれん…

何故僕がこんなことを思ったかと言いますと、

先日あるセミナーに参加した際、講師の方とは初めて会ったのですが僕は数分程度で仲良くなれたんです。

もちろん、講師の方の懐の深さを普段の彼の発信から理解してました。

だから何も考えず飛び込んで話したら、やはりちゃんと受け止めて下さった。

というだけなんですけどね(笑)

「何?初対面のクセにその十年来の親友みたいな感じの会話は?」

よく言われます。その時も言われました(笑)

多分、母親のお腹に「人見知り」を置いてきたからだと思いますが、僕は全く緊張感無く初対面の方と会話出来ます。

なので、「人見知り」の感覚がわからない。

 

そして、たまたま僕の奥さんは超がつく「人見知り」

しかも、自他ともに認める「人見知り」ではなく、自分とごく身近な人しか知らない「人見知り」なんです。

もしかしたら、人見知りで悩んでる人の解決策が見つかるかも。

これは、嫁に聞き込み調査を開始するしかない。

で、急にスイッチが入ってしまい嫁に色々と聞きましたところ、

 

なんと!

 

人見知りについて、僕の常識とイメージと思い込みを覆す、

とんでもない真実が判明したので、ここに今書いてるワケです。

(ここからが本題です)

 

madhen-1773911_640

人見知りの奥さんが語る驚愕の真実とは?

(画像と奥さんは関係有りません)

「ねぇ、何で自分から打ち解けようとしないの?」

奥さん

「もし、それで相手に冷たい態度されたら立ち直れないから」

「なるほど、じゃあ自分から話しかけることは無いんだ?」

奥さん

「ウウウン、相手がコッチに参加してくる時は、めっちゃ話しかけるよ」

「どういうこと?」

 

彼女の人見知りが発動するのは、1対1よりも、1対多数。

初対面のシチュエーションには2種類あって、

自分から新しいコミュニティに入って行く場合と、

相手がコッチに入ってこようとしてる場合の二つある。

相手が初めてコッチにコンタクトして来る場合は、相手の不安が分かるから自分から話しかける。

初対面の相手に対して、どっちに主導権が在るか考えてしまうらしいです。

 

もっと簡単に言うと

盛り上がってるグループに入れて!と、入って行く場合。

相手に好かれる事が前提になる。

だから、コッチから話しかけ、アピールしなきゃいけない。

ストレス。さらに、拒否られたらどうしようって不安が生まれる。

そんな不安をわざわざ感じたくない。

こんな感じ。

 

逆にウチの奥さんはそれが分かってるから、向こうが勇気を出して繋がろうとして来る人はちゃんと受け入れてあげる。

そうやって繋がった人とは深い人間関係を作るから、彼女の周りにはお互いが大好き同士の人しか居ない。

彼女を人見知りだと知ってる人間は僕と、彼女の妹さんくらいです。

今まで一人でもたくさんの人間と関わることは、

自分を成長させてくれる唯一の手段だと思ってました。

もちろん、良い影響を与えてくれる人ばかりではないし、

嫌な目にも会います。でも、それも人生経験だし。

だから、みんなそうすればいいのに、と。

 

一方「人見知り」の彼女は、

相手が主体で、自分の成長とか云々はどうでもよい。

自分を受け入れてくれる人と、コッチに来てくれる人との関係を裏切らない付き合い方をしている。

人間関係は、自分の為か相手の為か。

自分のことを、俗に言う「人見知り」と思ってる人は、後者ではないのかなと。

コミュ障なんて言葉が出てきて、自分をその枠に閉じ込め、

「人見知り」に苦しんでる人がいるなら、僕の奥さんは幸せそうだよ。

と、言いたい。

現に彼女の周りには、彼女を愛してくれる人しか居ない。

 

7fa77fad-s

 

受け入れてもらえない不安に悩むのではなく、自分に興味を持ってくれる人を大事にする生き方

それが「人見知り」の正体だとしたら、

その人は、理想の人間関係を作れる人ではないかなと思います。

100人に繋がれるより、1人に愛される方が人生は豊かだと思いませんか?

人見知りのあなたは、人見知りのあなたのままでいいってことです。

自分から人間関係を広めることはとても有意義なことです。

僕みたいな人間は有る意味恵まれてると思いますし、また自意識過剰のおめでたい奴だとも思ってます。

そして、それで良いと確信してます。

 

しかし、

「人見知り」を自覚している奥さんも、それで良いと確信してるのです。

自分を否定して変えようとすることはとても苦しい。

そんな苦しいことしなくても、楽しく自分らしい人生を送ることは、誰でも出来る。

結婚5年目にして、また新しい視点を嫁から教えられました。

 

LINE@配信中
レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!
友だち追加数

 

 

 

人見知りの正体と人見知りの裏に隠された真実

Tagged on:             

コメントを残す