まず初めに。

自分には才能が無くてギターは挫折したと思い込んでる方々に。

楽器を演奏出来るようになるには、

ひたすら練習と訓練を重ねれば誰でも習得出来ます。

 

東大に現役で合格するとか、

プロ野球選手になるとか、

歌舞伎町でNo.1ホストになるとか。

当たり前ですが、

それに比べればギターを弾くなんて、鼻くそほじるくらい簡単です。

 比べる対象がズレてることはよく理解しております。

要するに「ギターを弾くこと」が途方もなく難しい、

そう思ってるなら、それは勘違いだよ!

ということです。

 

19300001365695131963215825378_950

僕の従兄弟で、ドラエモンに出てくる出木杉君みたいな人がいます。

親戚中で1番頭が良く、独学でパイロットの資格を取得し、

運動神経も抜群、さらに優しい。

まさに出来すぎ。

僕は、3つ年上のそんな彼を尊敬していますし大好きです。

ぼくがまだ学生だったある日、彼の家に古いギターがあるのを見つけます。

その頃、ちょうどエリック.クラプトンにハマっていた頃で、

アンプラグドというアルバムのコピーをしまくってまして。

それを従兄弟の家で何となく弾いて遊んでいました。

 

すると従兄弟が、

「MASATO凄いな!」

 

「何が?」

 

「ギター弾けるんや!びっくりしたわ 俺は楽器全然あかんさかい尊敬するわ~」

 

ビックリしたのはコッチや。

(二人とも関西出身です)

 僕からすれば、彼は全てのスキルにおいて自分の斜め上をいく、

自慢のスーパーお従兄弟ちゃんな訳です。

その憧れの人から尊敬されてしまう程、

ギターが弾けるって凄いことなのか?と。

彼は、「ギターを弾くことに挫折した人」でした。

彼から見た僕は、自分に出来なかった事を成し遂げた、

凄い奴に見えたわけです。

 

同じなんだ!

 

自分に出来なかった事が出来る人間を見て、人は尊敬する。

てことは、全ての事において「凄い事」って無いんじゃないか?

と、生意気に悟ったことを今でも覚えてます。

 

さっきも書いたように、

東大に入るとか、プロ野球選手になるのは、

競争というフィルターを挿む(はさむ)ので、

単に努力だけで何とかなる物でも無いでしょう。

しかし、たかが「ギターを弾けるようになる」くらいのことは、

誰でも習得出来ます。

ロックスターになれますとは、死んでも言いませんが。

 

何故ギターが弾けるようになるのか?

これが冷静、且つ論理的に分析出来れば、

今までギターを諦めてしまった人や、

これからギターを弾いてみたい人に、少しでも役に立つのでは?

そんな思いで、この記事を書いております。

 

僕は小学生の頃、

キカイダーというTVヒーローが持っていた、ギターという楽器の形を見て、

単純にかっこいいと思いました。

ギターに触りたい、弾いてみたいという欲望が有りましたが、

子供から見たギターはあまりにも非現実的で、

それに固執する対象ではありませんでした。

これが、僕のギターとのファーストコンタクトです。

 

その後高校生になり、

先輩が学園祭でバンドを演ってるのを見て、

ヤバイ!絶対に自分も出る!

と決断しました。

理由?

超絶に鉄板でモテると確信したからです!

 

我ながら、とても純粋なモチベーションだったと自負しております。

問題は誰を手本にするか?です。

バンドで学園祭に出るのが目標ですから、

どのバンドをコピーするか?

これは重要な選択ですね。

もちろんギタリストがカッコいいバンドが条件です。

実は、コレはもう中学時代に、

BOØWYにハマってましたので、

僕は布袋寅泰になることに決めました。

 

布袋寅泰になることに決めました?

かなり痛いこと言ってますが。

当時、僕は本気と書いてマジでした。

後は、ひたすら自分は布袋寅泰だと暗示にかける毎日。

コードさえマトモに押さえられない頃から、

ギターを抱え、かっこいい足の上げ方を練習してました。

 

さて。

この少年、ギターを諦めて挫折すると思いますか?

 多分、学園祭でBOØWYを演奏している

MASATOの姿が浮かんだ方もいるのではないでしょうか。2人くらい。

二年後の高校3年の秋、

体育館のステージで過去最大のモテ期を経験しました。

何かを始めるには、必ずそのきっかけがあるはずです。

大きくて、人生を揺るがすようなインパクトではなく、

ほんとに些細なことです。

理由なんか無いけど、

なんかカッコいい。

なんかやってみたい。

なんか気になる。

 IMG_4373

コレを僕は才能だと思ってます。

才能が無い物に人は興味を持たないという持論です。

多分僕はパイロットにはなれない。

興味が無いからなろうと思わない。

たった数十年しかない人間の時間で、

才能が無いモノに興味が湧くほど、人間に無駄な時間があるとは考えにくい。

だととすれば、

ギターを弾いてみたいと、本気で思ったことがあるなら、

ギタリストになる才能はあるんです。

ロックスターになれる才能じゃないよ(笑)

 

後は目的の設定だけの問題。

ギターを弾けるようになる事が目的だと、中々難しい。

でも、諦めちゃう人は意外とそこを目的にしちゃう人なんですよ。

手段と目的は区別しないと、

進む方向がズレて迷って、疲れて、挫折します。

ギターを弾くという手段を使って、

バンドで学園祭に出る目的を果たし、

女の子にキャーキャー言われるという結果を得る!

 

ね。

 

着地点が超、明確。

 

欲しい結果を明確にすると、

その手段は挫折とか、諦めるとかって類にはならない。

いい大学に入るとか、ダイエットして痩せるとか、お金を稼ぐとか、

手段を目的にしちゃダメです。

 逆に、子供が駄々をこねるくらいの欲しい物を目的にすれば、

手段なんて、気が付いたら身についてるもんです。

もう一つ大事なことは、期限を決めること。

 

大事な人に、

「来年の誕生日にギターで歌うから聞いてね」って、

言っちゃうとか(笑)

 

それは、「今」やるコトを理由付けする為です。

今やらないと間に合わないから人は動く。

高校生くらいだと、モテたい!だけで何とかなるんだけど。

同じように友達がギター始めて、挫折して止めてった奴は彼女が居る奴だったし。

彼女無し組はいい確率で学際出てたなww

思春期最強。

まとめると、

 

きっかけに才能を感じろ。

手段ではなく、目的に執着しろ。

常に出来た自分をイメージしてニヤニヤしろ。

言い訳出来ない期限を決めろ。

 

偉そうに書いてますが、

こんなこと、多分みんな知ってる。

もしくは、無意識にやってるハズです。

頑張った記憶が無いことで、

人から誉められたことって、あるはずです。

僕が思うに人生で出来ないことは唯一、

「興味が無いこと」

だけです。

※この記事はSTORY’S JPで61423PV 「読んでよかった」25獲得しました。


LINE@配信中

レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!

友だち追加数

自分の才能に気付かず、ギターに挫折した全ての人に捧ぐ

Tagged on:         

コメントを残す