あー、やっぱ裏切らないや。この人は

多分、初めてです。

情報商材のレビュー記事なんぞ書くなんて笑

元々アフィリエイターでは無いので、

メルマガでもよっぽどのものじゃないと紹介なんかしないのですが、

今回久々に自腹で買ったのが、和佐大輔さんの「DRM2015」

なんでしょうか。

この「あー裏切らないよねー」感。

そもそも、

なんで情報商材なんか滅多に買わないぼくが「コレ」を買ったかというと、

こんな話があるからなんです。

 

 

「長っ!何だ…これ?」

2012年12月28日

その日はぼくにとって間違いなく「決断の日」でした。

とにかく何か副業を始めないとヤバイ経済状態にあったぼくは、年末の真夜中の1時、

パソコンのモニターに映る今まで見た事も無い怪しげなサイトを見つめていました。

 

メニューも無ければ、ホームボタンも無い。

気が遠くなるくらいの文字数が、

この先待っているであろう事だけが、

横のスクロールバーの長さから伺えました。

 

今すぐに部屋のドアを閉め電話線を引っこ抜き携帯の電源を切りメーラーを閉じて、深呼吸してこの手紙を読み進めてください。印刷するのもいいでしょう。今日、今この瞬間から、あなたの人生は激変します。

 

このサイトの一行目の書き出し。

そのインパクトがあまりに凄過ぎて

「怖い」んだか、「キモい」んだか、「楽しそう」なんだかよくわからない。

冷静さが売りのMASATOが、心臓の鼓動が聞こえるくらいドキドキしたのは、

初めて女の子に告白した時以来だったと思います。

 

和佐大輔という17歳で1億稼いだ、半身不随の車椅子の青年。

「ネットビジネス大百科」という、1万円の教材が累計1万5000本以上売れている。

名実共に、日本で最も多く売れたマーケティング教材。

彼の情報商材のセールスレターを読んだ日のことです。

 

決めて断つと書いて決断。

やっぱやーめた。

が、許されない環境に身を置く事。それが「決める」ということ。

人は中々決断しない生き物ですが、その理由のひとつは「リスク回避」という思考がガッチガチに根付いてるからです。

 

失敗したらどうしよう?

損したらどうしよう?

嫌われたらどうしよう?

 

人それぞれあると思いますが、ここを断ち切って決めるから「決断」です。

何かを決断するというのは、言わば人生の中の非常事態みたいなもの。

一生のうちで、どれくらいその非常事態が起こるのかはわかりませんが…

今思うと、このレターを読み終えた瞬間に「決断」していたんだと思います。

 

これからインターネットの世界で、飯を食って行くという事。

1年以内に会社を辞める事。

そして、辞めたら二度とサラリーマンには戻らないという事。

 

実際、ぼくは翌年の2013年10月に退社し、11月1日に個人事業主登録をしています。

今のぼくの人生は、和佐大輔のせいでこうなってる(笑)

そう言っても過言では無いくらい、

思考やビジネスに対する考え方は彼から学んだものです。

 

メンターか?と言われればメンターだし、

そうじゃ無いと言えばそうじゃ無い。

2012年の年末から、

15人位のネットビジネス起業家と呼ばれる人のメルマガや、教材、セミナーなどで学んだし、

本もサラリーマン時代の一生分くらい読みました。

その中でもやはり彼、和佐大輔は特別な存在で、今も常に「計算された奇想天外な事」を魅せてくれます。

で、今回ぼくのバイブルとも言える「ネットビジネス大百科」の2015年版「DRM2015」がリリースされたという事で、

思わず嬉しくなって内容もよく見ず買っちゃった訳です(笑)

今どき珍しいオドロオドロしさは、懐かしいあの頃を思い出させてくれますww

 

無題

あまりにもわかりやすい『誰も出来ていない基本』

購入すると、まず最初に三本のセミナー動画(vimeo)、音声、スライドが送られて来ます。

で、

「マジか?」

と、かなりビックリしたのが、

「ネットビジネス大百科」の内容と、

ほぼ同じテーマの事を語ってる訳です笑

 

何かというと「読まなれない壁をどう壊すか?」について、

約4時間くらいセミナーで話されてます。

なんでだと思います?

答えを言っちゃいますと

「誰でも知ってるようなネットビジネスの基礎を、誰もちゃんとやってない」

という現実を、和佐大輔さんは誰よりも解ってるんですよね。

コピーライティングや、DRM(ダイレクト レスポンス マーケティング)

をかじった事がある人なら、誰でも知ってること。

 

「人は読まない、信じない、行動しない」

 

この3つが、ちゃんと出来てないから上手くいかない。

コンテンツ(文章、音声、動画)で稼ぐなら、

この3つさえ丁寧に壊せれば上手くいかない訳が無い。

その、最初の「読まなれない壁」の丁寧な壊し方を、

これまた丁寧に解説してくれる教材。

それが「DRM2015」です。

ハッキリ言って、いわゆる「ノウハウ」をしゃべる和佐大輔さんは初めて見ました。

2015年版という事で、その「ノウハウ」は最先端のものです。

初めは何をすればいいのか。

何を書けばいいのか。

どう書けばいいのか。

どんなツールを使って、どうすれば人に読まれるのか。

 

まるで、小学生向けの「カレーの作り方」みたいなわかりやすさです。

これが、めちゃくちゃいい!

ぼくも、このノウハウは初めて知ったので使ってみました。

今までブログに書いた記事にも使って。

すると、

マジか?ww

ブログ記事のアクセスが倍になりました(笑)

しかも、ちょっと自慢なんですが笑

和佐大輔がこの「DRM2015」で話してる記事の書き方ノウハウは、

ぼくが2年掛けて編み出した書き方に酷似してたんです!

(多分思い込みかもしれないけど)

 

当たり前ですが、記事や文章の作り方、考え方は、彼の教材の方が「わかりやすい」です。

ぼくの2年分を、3時間で余すことなく話されてます。

今回のセミナー動画だけで、販売価格の価値は充分にありますが、

まだ今回の動画は「基礎編その1」ですから。

まだまだ基礎編その2、応用編、進化編まで有ります。

 

どう考えても価格設定がおかしいです。まぁこの人は毎度の事ですが(笑)

彼の情報、つまりコンテンツや塾やセミナーは、

いわゆる「ノウハウ」では無く、本質の中の本質みたいな事しか喋りません。

そこを追求しないと、ノウハウなんてクソの役にも立たない事を、

彼は10年この世界に居て知ってるからです。

ぼくも、この世界はたった2年弱ですが、全く同じ感覚です。

ぶっちゃけ成功ノウハウなんて、「そいつが成功したやり方」

なんですよ。

だからどんな凄い起業家でも、

そいつじゃ無い限り同じ結果には絶対ならない訳です。

ノウハウは自分で作る。

そして、そのノウハウでお客さんに結果を出させるのという矛盾が、

コンテンツビジネスの醍醐味だとぼくも思ってます。

 

ところが、

初めに書きましたが、ノウハウだけ知っても全く意味は有りません。

情報発信やコンテンツビジネスに全く興味無い方には、

何の役にも立ちません。

しかし、既に情報発信してるけど結果にまだ満足出来ない人や、

逆にこれから始めようって人には、どう考えても超オススメです。

セールスレター読むだけでも「コンテンツビジネス」について勉強出来ますので、

よかったら時間ある時にチェックしてみて下さい。

セールスレターを読んでみる

 

 

内容が「コンテンツビジネスをやりたい人向け」なので、

なかなか専門用語が多いです。

ですので、購入後のアフターフォローはさせて頂きたいと思います。

内容等についての質問はこちらのメルマガで受け付けますので、

遠慮なくどぞ。

特典をがんがん付けて売っておられるアフィリエイターさんもいらっしゃるので、

特典が沢山欲しいかたはそちらでお求め下さい。

 

ひとりでも多くの「成果をすぐに出したい人」にこの教材が役に立てばいいなと思っています。


和佐大輔の無料コンテンツの一覧です。

彼に興味が湧いた方はこれらを覗いてみると面白いと思います。

 

和佐大輔の「RESET:本当に生きたかった人生を取り戻す方法」

凡人のためのBreak Rule 2016【SPINS NETWORK】

車椅子の青年・和佐大輔が語る ”割り箸1本で10年連続1億稼ぎ続ける方法”無料音声セミナー

和佐大輔の1億稼ぐ最強のチーム論・無料音声セミナー

DRM2015レビュー「あー、やっぱ裏切らないや この人は」

コメントを残す