ikeda

大嫌いだったイケダハヤトさん(失礼)

イケダハヤトという方をご存じですか?

最近ではニュースクロスという番組でテレビなどにも出演してるのでご存知の方も多いかもしれません。ツイッター炎上で有名な毒舌ブロガーです。

ぼくも1年位前に彼を知って、何か嫌味なやつだなあと毛嫌いしてたんですが、テレビで本人を見かけた時に、あまりにもオタク全開の容姿をしていましたので、

独断と偏見でさらに嫌いになりました。

 

しかし、彼のブログはなんと毎月30万PV!そこからの収入だけで月に50万円位稼いでいるのです。

それを知ってよくも悪くも影響力のある文章を書いてる人なのだろうと一目置いていました。エラそうに。

ぼく自身、ここ数ヶ月「書く」ということに面白みを感じ、いろいろ情報を集めている中、偶然彼のブログに行き当たりました。

そのブログの中で彼の本が紹介されてまして、とても興味を引くタイトルを見つけてしまったんですね。

「武器としての書く技術」―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しい(秘)文章術

という本です。

一年前なら間違いなくクリックさえしなかったでしょう。

しかし、なんと1分後にはぼくのkindleにインストールされていました

そこに書かれていた事は、非常に衝撃的な内容…ではなく。

なんと、ぼくの考える文章の書き方「右脳派ライティング」と酷似していたのです。シンクロ率は60%超えてます。イケダハヤトさん大好きになりました。

 

 

img_2806

どの辺が右脳派ライティングと似てたのか?

第一章の「文章が残念な人の中の10の特徴」では、ぼくが普段記事を書くときに気をつけている特徴が書かれていて、

例えば、語尾に気をつけること、です。と、だ。の使い分けや、同じ語尾が続くと小学生の日記みたいになってしまうので気をつける。

また、起承転結で書かないこと、言いたいテーマが二つ以上にならないことなど、無意識レベルでやってることも多々ありますがその辺までもそっくりでした。

 

第二章の「凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法」では、自分の記事にインパクトを与える方法と同じような魔法(魔法って!)が書かれてます。

編集することの必要性、タイトル、文章のリズム、漢字、ひらがなカタカナの配分、以前このブログで書いたライティング講座でも全く同じことを書きました(笑)

もはやこの本を買った事を後悔しそうな程、ぼくと似ている。「書く」ということに対しての考え方も。

 

コピーライティングだけでなく、今後は自分を売るための文章力が必要な事。

凡人でも情報発信出来てしまう時代に、ブログを書かないのは損でしか無いという事。

「書く」だけで、人生を変えていく事が十分可能だという事。

そして、それは誰でも出来るという事。

 

もうね、両手で握手ですよ。イケダハヤトさんと脳内で。

つまり、ぼくもこのまま書き続ければ、同じくらいの結果は得られるかもしれないかも知れないと自信が付いてしまいました。

 

genkai-640x299

みんな同じような事を言ってるし、同じようなことを考えてる。

普段、色んな情報や話を聞いて、ああ、それ知ってるって、思う事は多々あります。これだけ情報過多の時代ですから当然です。

どこかで見た記事、聞いた話として認識した途端、そこから何も得るものは無い。つまりムダ。こんな悲しい時間はありません。

しかし、自分が何か発信する、または何か創り出す時に、試行錯誤して出来上がるノウハウやコンテンツは、他の誰かが先に発表してる事が大半だったりします。

でもそこで、

「ああ、ぼくみたいな凡人が考え付く事なんて、所詮二番煎じなんだ…」

 

なんて、落ち込む必要はありません。

 

先に書いたように、もうね握手なんですよ。同志を見つけた!みたいな。

それは、どこかで見た記事や聞いた話では無く、自分で気付いた事だから。

自分で何かを発信する事を考える時、同じ様な事を言ってる人はいっぱい居ます。しかし、読者にとっては初めてかもしれない。

前に他の記事で読んだことあるけど、その時はよくわからなかった。でもそういうことか!

そんな記事を書いてくれた人のブログは、他の記事も読むようになります。

たまたま見てくれた人達に共感して貰えて、役に立ったと思って貰えて、更にファンになって貰える。

そんな文章力が必要な時代なんです。

 

イケダハヤトさんはその部分に迷いが無い。批判やクレーム、誹謗中傷に関しては、

「どんなに炎上したって大海原に石を投げ込むようなもの」

と、言ってます。

ビビる必要なんて無くて、自分でそこに辿り着いたなら、自信を持って書けばいいだけ。言えばいいだけ。

そんな、我侭で自分勝手な感じに、なぜか右脳派に通じるものを感じてしまいました。

そういう所が嫌いだったのに(笑)

人は、一瞬で変わるものですね。


LINE@配信中
レアでお得な情報をゲットしたい方は友達登録を!
友だち追加数

武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しい(秘)文章術が、めちゃくちゃ右脳派っぽい。

Tagged on:             

コメントを残す