旅の番組や、旅行パンフなんかにもよく見る

「自分探しの旅」

こんなコピーに惹かれ、旅心を刺激されてしまい、

まんまとパソコンで予約を入れてしまう人は少ないとは思いますが、

チョットでも心に響いてしまった人は、

要注意です。

自分を見失ってる事を自覚されてることを、自覚されてますか?(笑)

そもそも、何故「自分探しの旅」なんてコピーが生まれたかと言えば、

何となく理由が無くても、ふらっと出掛けさせる為に出来たコピーです。

多分。

 

月並みな言い方ですが、

仕事が忙し過ぎて、何のために生きてるかわからない。

頑張ってた事を諦め、次に何をしていいかわからない。

大好きだったあの人と別れ、心にポッカリ穴が開いてしまった。

 

そんな、心の隙間に、

グサッ!っと刺し込まれる、

まるで、笑ゥせぇるすまん喪黒福造のような

 

「自分探しの旅に出掛けませんか」

20

なのです。

上手い。

天才。

このコピー、あんまり見ないけど。

 

まあ、何が言いたいかと言えば、

自分を探す旅なんて、行ってもムダって事です。

 

旅先で、

決して満たされていない沈んだあなたに、悟りを開いた大仙人みたいな人物が、

 

「あなた、これから料理の腕を磨けば大成功しますよ」

 

なんて、お節介に言ってくれない限り、

新しい自分を見つけるなんてことは難しいのです。

何故、難しいのか?

見失った自分を取り戻す方法を、

他人と環境に依存してる状態だからです。

 

仮に、大仙人に会って何かお告げを食らったとしても、

所詮他人に命令されたのと同じ状態。

また、見失う可能性大ですね。

自分を探すのに何かをきっかけにするなんて発想を、

先ずやめること。

心の中でウロウロしないと決める事が大事です。

 

本当は何がしたいかなんて、自分の中にしか無い。

て事は、

旅に出てる場合じゃなくて、

吐き出すしか無い。

 

今、自分の中には何があるのか?

 

何が残ってるのか?

 

「お前にまだ残っておるものは何じゃ!!」

91e1a967_1353764609448

ワンピースのルフィが、ジンベイに言われたように、

今の自分には何があるのかを、

確認する事が大事です。

 

やる事は、

「ブレインダンプ」と呼ばれる、自己啓発本なんかによく出てくる方法ですが、

文字通り、脳みその中身を全部紙や、テキストパッドにぶちまける方法です。

 

好きな物、嫌いな物、やりたい事、やりたくない事、出来ること、出来ないこと。

その紙を誰かに見せれば、

絶対ハズさない誕生日プレゼントが貰えるくらい書き出します。

 

そこから、

探すんです。

 

だらだら中途半端に吐き出すのでは無く、

できるだけ短時間で、

物心付いた頃の記憶まで遡り、そこから1個づつ書き上げていく。

最低300個くらい。

さらに細かく言えば色々あるのですが、そこから何となく見えてくる物が、

「自分の探してた物」

かも知れません。

 

自分が今何をしたいのか?

このままでいいのか?

生きてる意味はなんなの?

 

なんて、夜眠れなくなった事があるなら、

一度試してみるといいかも知れません。

自分の事は自分が一番よく知ってるハズさ、ベイビー(笑)

って、言ってみたいエセ大仙人MASATOでした。

 

 

自分探しの旅に出たところで、何も見つからない理由(わけ)

Tagged on:         

コメントを残す